院長挨拶

このまちで生まれ育った医師として、できることを、精いっぱい。

改めましてごあいさつ申し上げます。「さっぽろ山鼻内科・糖尿病クリニック」院長の澤田享(さわだたかし)です。

四季を通して豊かな表情を見せてくれる藻岩山に抱かれた山鼻・伏見の地で生まれ育ち、北大病院や関連病院、地域基幹病院にて様々な患者さんの診療を行う中で、ひとの健康がまちの健康に、またまちの健康がひとの健康につながることを実感いたしました。

私が子供の頃は畑地などが広がっていた伏見エリアには今は高層マンションが立ち並び、古くからお住いの方もいれば新たに住まわれた方も数多くおられます。遅くまで営業しているスーパーなどが出来、市電にも近く、また藻岩山を年中眺められる閑静な住宅街は魅力的ではありますが、昔は当たり前だった「横のつながり」が希薄化し、そうした環境では心身の健康が損なわれやすくなることも知られております。

約10年前までこの地にて診療されていた旧「浅間医院」の故・浅間常雄先生のご親族の方々のご厚意もあり、この度クリニックを新築開院させて頂きました次第ですが、我がふるさとである伏見・山鼻への恩返しの想いもこめて、ひとりひとりの患者さんに誠心誠意をもって関わらせて頂ければと思います。どうぞ宜しくお願い申し上げます。

【院長 澤田享 プロフィール】

1976年7月18日 札幌市中央区にて出生

札幌市立伏見小学校、山鼻中学校を経て

1995年3月 北海道札幌南高等学校卒業

2002年3月 北海道大学医学部医学科卒業、その後同大学第2内科入局・研修医

2003年4月 北海道社会保険病院(現JCHO北海道病院) 研修医

2004年4月 北見赤十字病院 内科勤務

2005年4月 滝川市立病院 内科勤務

2006年4月 北海道大学大学院医学研究科博士課程入学、同大学病院第2内科医員(院生兼)

2010年3月 大学院修了、医学博士号取得

2010年4月 北海道大学病院地域医療指導医支援センター 特任助教

2011年4月 JA北海道厚生連帯広厚生病院 第3内科 医長

2013年4月 医療法人渓仁会手稲渓仁会病院・手稲家庭医療クリニック 家庭医療科

2014年4月 医療法人渓仁会手稲渓仁会病院 総合内科 医長

2015年10月 社会医療法人延山会西成病院 糖尿病センター 医長

2018年11月 さっぽろ山鼻内科・糖尿病クリニック開院  現在に至る

 

≪これまでの主な業績はこちら≫

【認定資格等】

医学博士

日本糖尿病学会 糖尿病専門医・指導医

日本内科学会 総合内科専門医

日本病態栄養学会 病態栄養専門医

日本プライマリ・ケア連合学会 プライマリ・ケア認定医

日本医師会認定産業医

当院の基本理念

「すこやかさをささえ

 こころに寄り添い

 このまちで暮らすよろこびを共に」

・各々の患者さんの生き方や思いを尊重し、信頼できる良質な医療を提供します

・安心して受診・通院できる、何でも相談できる雰囲気や仕組みづくりにつとめます

・わかりやすい説明ならびに十分な対話をつねに心がけ、病気を抱えながらでも不安なく、自分らしく生活できるよう、患者さんひとりひとりに寄り添います

・学び・つながり・ふれあいを大切にし、健やかで幸せな地域・社会づくりに貢献します